topimage

2012-02

スポンサーサイト - --.--.-- --

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

駅まで - 2012.02.27 Mon

駅まで

「消えちゃいたいな」って笑う
曖昧に笑って誤魔化す
「また逢えるかな」って呟く
「どうかな」溜息、応える

「もういいや」って君は微笑う
「そうだね」って僕も苦笑う
孤独と遊ぶ其の背中
音も立てず震えてた

出口のない此のやりとりさえ
僕らには日常で
触れたならもう壊れそうな
未来だけがただ悲しくて

手を伸ばせば掴めてしまう
君と云う僕の仕合わせを
現実にしてしまうのが怖いから
駅まで送るよ

捨て去りたい思い出と
だきしめたい現実と


出会いと別れ溢れてる
汚れたプラットホーム
サヨナラを云い出せずに
君の涙、ひと粒

それはまるで「春の風」
それはまるで「夏の陽」
それはまるで「秋の夜」
それはまるで「冬の雨」

ねぇもしも
僕だけの君の名前、愛の名前
この身体に刻み込んでくれたのなら
強くなれたのかな?
離れないで離さないで
言葉だけが悪戯に
僕を繋ぎ留めている
君、人ごみに消えてゆく

だきしめたい思い出と
捨て去りたい現実と

--
2012 lyrics&music aki fukuma
スポンサーサイト

夢の中でなら君と。 - 2012.02.24 Fri

もう一度だけ。

誰かを愛し、愛されたら

今更そんな都合の良い事、最近ずっと考えている

判ってる

誰かを愛する権利なんて

アタシには

無い

どこの未来を探したって

アタシの名前は

無い

でも、

もしかして

こんなアタシを

君が

受け入れてくれるのなら

お願いです

アタシのこの身体に

君の名前を刻み込んで。

うじむしのうた - 2012.02.20 Mon

同じ朝が来る前に

この一方通行な感傷をアタシは
夜の街に撒き
散らして
世界の終わりを待ち続けた



冷めてしまった缶コーヒー
の灰皿
吐き気血が腐ってる臭い臭い臭い
硝子戸の化け物を
誰か殺してあげてよ
お願いだから
だってだってさ可哀想じゃない
雨が好きなんですねそうどぶの匂いがするから
タケノコの匂いも
お姉ちゃんね昨日飛んだんだって
、さ
どこ行った?イイトコロイイトコロ
誰かが嘔吐したホルモン焼き

アタシの内蔵だから
酸っぱい

東京は京都です?

妄想幻覚が

シュミーズ
って
言葉?

性行為
だから

君は昨日裏庭で掘った?

生殖器の膨張がとと止まりません

きりきり舞いきりきり舞いきりきり舞いって三回云ってごらん
感染のローテー
ションをゼロにしたいのだ
けれど
蒸れたブーツの中に
居る

ですから

吐瀉物が赤黒くってさ
うん、そう真っ白だったんだよ
だって
海に居るのだもの

あ。夜があけた。もう帰らなくちゃ 帰るってどこへ

上底と下底をカッコで閉じなかったから
この戦争

終わらせ方を
アタシは知りません

2012年。明けましておめでとう。 - 2012.02.08 Wed

ヘ〜イヘイヘイ、ブヒブヒッ。
遂に体重が一線を越えてしまいましたメタボオカマンあきちゃんです。ブヒッ。

おっぱいが大きくなるのは嬉しい限りやけどさっ!!
ホルった直後のこの肉付き、どうにかならんかね?!

いやマジで、この腰よ腰(泣)!!
鏡に映る君はドラえもんかい??いや、ドラム缶かい??
転がしたら転がるぜ〜こりゃぁ。
和歌山港あたりまで転がるね。
ほんでふて寝してね。出船(デブ寝)の港、なんつってよ、はっは。

冗談はさておき、マジで引き締めなければ。ええ。
なんせ、春が間近で御座んすからね。
恋の季節よ♪
春よ来いなのよ♪春よ恋♪濃い〜恋がしたいわん♪

なんつってな! なんつってな! ブヒッ!!

えー。
それはさておき。ちょいと業務連絡。ブヒブヒ。

先日ライブ終了後、お客様から歌詞を知りたいと云うお言葉頂戴致しました。
てな訳で、最近のメイン曲の歌詞をいくつかアップして御座います。

歌詞を憶えて、皆様ひとつご一緒に、おらび倒して下さいませ。ませ。ませ。
ま、早い話がアタシの唄い方じゃ歌詞は聴こえねっつー事なんだな。はっは。
基礎がなってねっつー事なんだな。
ボクはおにぎりが食べたいんだな。ブヒッブヒッ。
ま、唄い方は変えられませんので。ええ。
皆様に歩み寄って頂く、という形で(笑)、よろしく哀愁で御座います。

何はともあれチェケラ★

■惨酷・残像、サヨナラ■
■NeKroma■
■積み木遊び■
■六月革命■
■博多っ子純情■
■キミノコドク、アタシノコドク■
■MA・TSU・RI■

■未来■
■≒ = ≠■
■そらごと■

さてさて。
次回ライブは3月で御座います。
■3月20日(火・祝)@京橋ISM「Keep a Smile Project ~結い~」
※「福間あき」で弾き語っちゃう予定で御座います。

■3月25日(日)@京都MOJO 詳細未定

是非とも皆様足をお運び下さいませ。ませ。ませ。
ライブの詳細案内やチケットのお申込はolabiorus@gmail.com迄。お待ち致しておりマス★


・・・最後に。最近思う事をひとつ。

いや、ベーシストって男前率高くね?? マジで。マ〜ジで。
ってか、ベーシストって基本男前じゃねぇ??
GIPSY'S IDの千賀おんに〜♪♪
いー加減 諦めて、アタシと新しい扉開こうぜ〜、はっは♪
あ、でもでもザ・シテシヲマタズのたかはしひかるくんはドラムにして抜群に妖艶だったわね♪
兎に角どちらか、近々デートしてけれ。うっはっは〜 ヾ(≧▼≦*)♪

なぁ〜んてね。
何を云っても、アタシにはいつだって貴方が一番です♪ うっひゃぃ♪

んならぁ〜。

≒ = ≠ - 2012.02.08 Wed

≒ = ≠ (ニアリーイコール・イコール・ノットイコール)

深海魚の不安を聞く
「ソウダン、シタイ、コトガ、アル」
「ボクハ、モウ、ズット、ズット、ヨルハ、ヒルダト、オモッテ、イタ」

私は汚れてしまって
自殺サイトを眺めていた
実践してきたトラウマ
溶けた壁の冷たさを感じた

ねぇ、いつまで?もう、いくつだっけ?
ねぇ
ボクハダレ?

ねぇ、いつまで?もう、いくつだっけ?
ねぇ
ボクハダレ?

若くして
死んでいれば
もっと
なんてね

思ったりもして
思ったりもして



「ウツクシサ、トハ、ハカナキ、コト」
過去の無い言葉の連続
「ボクモ、キミモ、ズット、ヒトリ」
明けていく朝の切なさを感じた

ねぇ、いつまで?もう、いくつだっけ?
じゃあ、
キミハダレ?

ねぇ、いつまで?もう、いくつだっけ?
じゃあ、
キミハダレ?

若くして
死んでいれば
きっと
なんてね

思ったりもして
思ったりもして


「シンカッテ、ナンダッケ?」
「シンカッテ、ナンダッケ?」

そらごと - 2012.02.08 Wed

そらごと

街燈がチラついて
もうすぐ夜があける
云いかけた言葉を
気付かれぬ様、飲み込んだ

静まり返る街に
2つの足音並んで響く
「あと少しやね」

すれ違う人の背中に
日々の営みを見ては
現実に触れないで
醒めてしまうから

サヨナラはいつだって、いつだって
手前にある
貴方の横顔を
もうちょこっと
傍で見ていたい


足音は1つだけ
虚しい夕闇に浮かぶ
路地裏の青猫の
肉球が恋しくなった

街燈が灯りだす頃には
大きく息吸い込んで
「まだ、頑張れる」

ふりだしに戻って
背中に日々の営みからって
「そらごと」だよ
そう、もう全部

スラだったよ

サヨナラはいつだって、いつだって
手前にある
貴方の輪郭が
記憶の中で
揺れている

サヨナラはいつだって、いつだって
手前にある
貴方の横顔を
まだちょこっとダケ、
憶えている

--
2011 lyrics&music aki fukuma

MA・TSU・RI - 2012.02.08 Wed

MA・TSU・RI

紅灯の巷、夕暮れ時
泣き腫らした目に母の幻影
日は昇らんし沈みもせん
縁取られた輪郭はゆれる!

赤鬼今日も俺のため
大きな目から涙を流す
青鬼今日も俺のため
両腕振り上げおどけて見せる!

賽の河原、菜の花咲き乱れ
憂い、無情の祭り節
賽の河原、菜の花咲き乱れ
踊り狂うてヒノマル音頭

よ〜い!よ〜い!奥さん!奥さん!
よ〜い!よ〜い!奥さん!奥さん!


狐の嫁入り 風、土臭い
羽をもがれた蝉の声
俺が裸足で居ったこと
誰か伝えてくれたろうか

赤鬼明日は君のため
その舌優しく切り裂いて
青鬼明日は君のため
その瞳を優しく引き千切る

賽の河原、菜の花咲き乱れ
憂い、無情の祭り節
賽の河原、菜の花咲き乱れ
踊り狂うてヒノマル音頭

よ〜い!よ〜い!お母さん!お母さん!
よ〜い!よ〜い!お母さん!お母さん!

夢?
真?
夢?
真?
ハハコイシヤハハコイシ
手をもいで足をもいで
コレカラハズットイッショ

賽の河原、菜の花咲き乱れ
憂い、無情の祭り節
賽の河原、菜の花咲き乱れ
踊り狂うてヒノマル音頭

よ〜い!よ〜い!奥さん!奥さん!
よ〜い!よ〜い!HITOGOROSHI!

--
2011 lyrics&music aki fukuma

博多っ子純情 - 2012.02.06 Mon

博多っ子純情

山笠終わったあとの博多
気の抜けたごと広う見える
あげん人、人、埋まっとった街筋
しんとして静まりかえってしまう

山笠で梅雨のあけて夏になる
あげん賑おうた境内も人気がなか
博多の夏、午下がり、みんな家ン中
引っ込んで空気ぴたあと止まる

そげなときに俺達は歩きよる
「暑かね」て女がいう

お櫛田さんの銀杏が真緑で夏
「きれいかね」女らしい仕草で微笑う
女の手は少し汗ばんどる
「汗を拭きたい」て女がいう・・・ここも夏

ぴたあと止まった暑か夏の午下がり
「お参りばしよう?」て女がいう

俺達はまた歩き出す、逆戻りする
「天神まで行く?」「どこ行くと?」「・・・、知らん」
ついて来るなていうても女はついて来る
なしついてくるとやて聞いたら

ぴたあと止まった暑か夏の午下がり
「好いとうけん」て女がいう

そこは

行き止まりの
夕焼け
風の吹いて
夏ばちょっと
忘れる

女の
好いとうけん

いうた言葉が
水平線まで
飛んでった

そこは

行き止まりの
夕焼け
風の吹いて
夏ばちょっと
忘れる

女の
好いとうけん

いうた言葉が
水平線まで
飛んでった

--
2011 lyrics 長谷川法世 music aki fukuma

※この歌詞は『博多っ子純情』/長谷川法世 作・画(双葉社/1976〜1983)
より抜粋し、歌詞として編集させて頂いたものです。


マジで世界でいっちゃん好いとう漫画です。博多っ子のソウルフードならぬソウル漫画です。
勿論全巻揃えとります。この『博多っ子純情』、ちかっぱい面白かけん、みんな読まなばい。
なんなら貸しちゃーけん♪

六月革命 - 2012.02.06 Mon

六月革命

六月は好かん
毎年毎年
誰かが死ぬ
六月は好かん

六月は好かん
誰もかれもが
結婚したがる
嫌な星だぜ

雨がぽつり「早よう死なんや」て言う
雲はふわり「早よう諦めやい」て言う

学生服少女の
白いブラウス、雨に犯されて
時限的革命と
消せない記憶の狭間で濡れる
作り笑いだけが上手くなった
孤独な闘いやね


六月の雨に
打たれて死にたい
どうせ降るなら
全部流してしまえ

風がするり「もっと頑張れろう」て言う
月は無情にも「死んだらいかん」て言う

学生服少女の
白いブラウス、雨に犯されて
時限的革命と
消せない記憶の狭間で濡れる
作り笑いだけが上手くなった
孤独な闘いやね

孤独な闘いやね
孤独な闘いやね

--
2011 lyrics&music aki fukuma

NeKroma - 2012.02.06 Mon

NeKroma

夜の帳がおりる頃
ニコニコ腐った魚が踊る
ずっと生臭い市松人形
毒色した紅唇に紅を引く

青紫色した首、流れました
傾城の熱い舌の上で溶けました
半分灼けた猿が歯を剥いて
突き立てられた九寸五分

群生した「おともだち人」たち
つなぎ目のほころびから、どろり
光と影のコントラスト
「無惨ね。」「切ないね。」双児が嘲笑う

ずぅっと唄が
聴こえています
もう傍まで来ています
漢字で書いてみましょう

私の眼、耳、脳、口で腐ります
そうして人は生まれるのですね
繰り返されて行くのですね


目玉の抜けたお気に入り
吐く息が臭くて、捨てた
猿、射精しながら燃えている
「汚いね。」「愉快ね。」双児が微笑う

じぃっと見ています
貴方、愛おしくて
もう傍まで来ています
葬儀は一体、いつ?

私の眼、耳、脳、口で腐ります
そうして人は生まれるのですね
ごみの中へと行くのですね
繰り返されて行くのですね
嗚呼、双児が嘲笑っている

--
2011 lyrics&music aki fukuma

NEW ENTRY «  | BLOG TOP |  » OLD ENTRY

プロフィール

福間あき

Author:福間あき
初めましてもお久しぶりも。
ごきげんよう、福間あきで御座います。

所謂トランスジェンダーで御座います。
平たく云えば汚釜で御座います。
ニューハーフもどきの底辺カスで御座います。
失礼。底辺歌手で御座います。

詳しいところはライブに来て観て触って、
ご覧あそばせ。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

おらびよらす(バンド) (27)
おふびよらす(OFFショット集) (1)
げなげな話(日記) (25)
ことだま(歌詞) (17)
ぽえじー(現代詩・コラム) (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。